2010年05月20日

「市民に不快感」 職員のひげ禁止 伊勢崎市(産経新聞)

 群馬県伊勢崎市は19日から、市民に不快感を与える恐れがあるとして男性職員のひげを禁止した。同日から職員の服装をクールビズに切り替えるとした通知の中で通達した。総務省は「自治体がひげに関する規定を設けた例は聞いたことがない」としている。

 市職員課によると、18日、公務員の品位を保持しようと、クールビズへの切り替えを通知した文書の中で、ひげについて「不快に思う市民もいるため禁止します」と記した。

 これまで休日明けの職員がひげをそり忘れて登庁し、市民から苦情が寄せられたケースもあり、市はその都度、職員に指導してきたが、明文化したのは初めて。罰則は設けていない。

 市は「ひげに関して世論が(寛容に)変わってきているが、公務員は公務員らしくしてほしい」としている。クールビズを推進する環境省は「『礼節を保つ』ということが、ひげの有無まで及ぶのかは何とも言い難いのでは」と疑問を呈している。

事業仕分け第2弾後半戦 対象事業を正式決定(産経新聞)
<雑記帳>“ウギャル”が稚貝の間引きに挑戦 水産業をPR(毎日新聞)
首相動静(5月14日)(時事通信)
諫早湾開門求め海上パレード=有明海沿岸4県の漁業者ら―長崎(時事通信)
<在日米陸軍>司令官、初のネット会見…動画サイト使い回答(毎日新聞)
posted by イヌイ トシカズ at 07:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。